エアコン工事について、業者にもいろいろ

エアコンをつけると、あれエアコンが効かないというケースは結構多いものです。エアコンは扇風機や冷風気みたいに買ってすぐ電源オンとなりませんからやっかいな家電品ではあります。古いエアコンの取り外しに一苦労、新しいエアコン取り付けにまた一苦労とセッティングに技術が必要です。自分でやってみようとする方が増えてきていますが、機器そのものは取り付いても内部の配管の真空引きが不十分だったり、冷媒に関する知識がイマイチだったため、効きが悪いといったエアコン工事になりやすいです。

しかし専門業者に取り外し取り付けを依頼するといくらかかるか分からないという不安もありますし、どの業者が信頼できるのかということも分からない場合も多いです。エアコン工事内容をある程度知っておくと、不安点の解消になりますし、見積もりを取る際にも工事項目の詳細について交渉ができるので便利です。また過剰な工事費用を取る悪徳業者にもひっかかることがありませんから、おおまかなエアコン工事内容は知っておきましょう。以下、古いエアコンを新しいものへと交換する作業の大きな流れです。

室外機のカバーを外し配管を外し冷媒ガスの回収を行います。室内機の配管の取り外しを行います。室内機の背板を古いものから新しいものへ交換し室内機を新しいものへ交換。室内外の配管の取り付け配線引き回し。

配管の真空引き、試運転。各微調整室内外機最終セッティング。あくまでも大きな流れの作業内容です。新たに配管化粧カバーを取り付けたり、室外機に直射日光が当たるのを防ぐカバーを着けたりすればもちろん費用はアップします。

ここで気をつけたいのは上記の作業のなかで、配管の真空引き作業を省略する業者がときどきいることです。エアコンはとりあえず効くので手間がかかって時間のかかるこの作業を省くことがあるのです。エアコンの寿命にも関わりますから、この作業だけはしっかり確認してください。

Filed under: 生活/暮らし, , 防寒Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website